ソフトを消さずにクラウド型Webフィルタリングを解除してみよう!!!

はじめに

YoutubeやTwitterがしたい!でもURLのフィルタリングがかかってる!解除したい!!という人、

Int●rSAF●CA●Sのようなクラウド型Webフィルタリングを解除してみよう!!!(雑)

ここではIn●erSA●EC●TSを例に挙げて解説していきます。(製品名を一部隠しています)

なお解除ですがタイトルにもある通り、ソフトを消さずにフィルタリングを解除できます。ここ重要

ソフトの削除よりサポートが受けられなくなる場合などに最適です。多分。

[!] 悪用厳禁です。解除により起こったあらゆる不利益または損害に対して、当ブログは一切責任を負いません

解除の手順

1. セーフモードで起動しよう!

画像のように、Shiftキーを押しながら再起動を押しましょう

以下のような「オプションの選択」が出たら成功です。出なかった場合はもう一度試しましょう。

ここでは「トラブルシューティング」をクリックします。

「詳細オプション」をクリックします

下にある「その他の修復オプションを表示」をクリックします

「スタートアップ設定」をクリックします

以下のような文章が表示されるので「再起動」ボタンをクリックします

再起動後、以下のような画面が出たら「4」キーを押します

すると以下のようにセーフモードで起動します。

2. サービスの自動起動を無効化しよう!

左下にあるWindowsのロゴを右クリックして、「コンピューターの管理」をクリックします

以下のような画面が出るので、「サービスとアプリケーション」をダブルクリックします

「サービス」をクリックします

なんかいっぱい表示されます。この中から「CATSecurity Service」を見つけてください

見つけたら右クリックをし、「プロパティ」をクリックします

スタートアップの種類を「自動」から「無効」に変更します

OKを押します

次は「URL Filterring Service」を見つけます

上記と同様にして無効化します。

右クリック→プロパティ

無効にして…

OK

ここまで来ればあともう少しです。頑張りましょう。

3. スタートアップ起動を無効化しよう!

マウスカーソルを一番下に持ってきて右クリックして「タスクマネージャー」をクリックします

以下のような画面が出てきたらウィンドウの下にある「詳細」をクリックします

(人によってはこの画面ではない場合もあるので、違う場合はスキップしてください)

以下のような画面になったらウィンドウの上らへんにある「スタートアップ」をクリックします

なんかズラーっと出てくる(人によって量は違うので注意)ので「spfgui」を探して右クリックします

画像では有効化になっていますが、「無効化」をクリックします

お疲れ様でした!!!!以上で無効化できたと思います!!!

最後に再起動してからブラウザを起動してYoutubeなりなんなりブロックされていたサイトにアクセスしてみてください。

最後に

いかがだったでしょうか。何度も繰り返しますが悪用厳禁です。

まあ「Youtube見たいけどみれねぇ!!!!」「Twitterしたいけどできねぇ!!!」みたいなことはとてもストレスだと思うので、少しでもお力になれたなら幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました