[Splatoon2] 車の中でSplatoon2は出来るのかを検証してみた

初めに

今回はタイトルの通り、”車の中でSplatoon2は出来るのか”を検証してみました。

既に同じようなことを検証している記事は無いのかをざっくりと調べてみましたが、見つからなかったので今回このような記事を書くことにしました。

この記事では、快適さから通信量、車の移動速度などの検証結果を書いていこうと思います。

環境

今回、検証した環境はイカの通りです。

・ Xperia X Performance (V.8.0.0) によるデザリング (4G+)
・ NintendoSwitch (V.7.0.0)
・ Splatoon2 (V.4.4.0)

車の移動速度は50km/h固定、長野県のド田舎で検証しています。

いざ、検証

今回の検証はナワバリバトルで行いました。

また、SpeedIndicaterというアプリを使用してバトル中の通信量をモニタリング&グラフ化したので、グラフ化した画像に沿って解説していきます。

「細けぇこたぁいいから検証結果だけ教えてくれ!」って人は詳細解説をすっ飛ばしてください。

詳細解説

まず初めに、マッチング開始と完了のタイミングで平均65KB/sの通信が発生しました。

次にバトル開始カウント前に146KB/sの通信が発生します。

推測ですが、このタイミングでSwitch本体同士での基本的な情報の交換が行われ、P2P通信の準備が行われると考えられます。

また、チームメンバー発表の時点でP2P通信が開始しており、バトル開始から終了まで平均で60KB/sの通信が発生していました。

バトル終了の時点でP2P通信は終了しているようでしたが、その後の結果発表の間も微量ながら通信はしていました。

…と、このように1番通信している場合でも最大130KB/sほどなので、あまり速度は必要としない結果となりました。

検証結果

端的にざっくり言うと、家と同じようにめっちゃ快適に遊べました

デザリングで接続してる奴は戦犯、だとかめちゃくちゃ騒がれていた時期もありましたが、私の環境ではラグもなく戦犯にはならずに済みました。やったぜ。

また、ナワバリバトル1戦につきモバイルデータ使用量は10MBほどだったため、50戦しても500MBほどしか使用しない計算になります。

どこかに遊びに行く途中に交通渋滞にハマってしまった、などそういう時の暇つぶしにも使えそうです。

ただし、ネットの混み具合などにも左右されるため、必ずとも今回のような検証結果にはならない場合もあるかもしれません。あくまでも参考程度に。

あと車の中でSplatoonをやる時にしか起きない難点として挙げられるのが、道路のカーブや信号などで曲がる際に視点が動いてしまうということです。はい。動きます。

ジャイロ使ってるので仕方ないですけどね。

最後に

イカがでしたでしょうか。

思いつきで検証して書いた記事でしたが、参考になれば幸いです。

それでは他の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました